モチベーションのカギ

目標達成できる人1%しかいないと言われています。

 

その1%の人は、どういう人かというと???

 

 

 

内的モチベーションの人です。

 

 

外的モチベーション=外部からの働きかけでやる気が上がるもの

 

例えば、褒められるからやる、ご褒美をもらえるからやる、カッコよくなればモテるなどです。

 

つまり、

 

 

褒められることをやる気の源としてる人は、褒められなくなったら、やる気が無くなるということです。

 

 

そうすると、目標達成できますか??

 

 

 

外部からの働きかけは、予測できません。

 

自分でコントロールできません。

コントロールできるのは自分だけ。

他人はコントロールできません。

 

外的モチベーションで行動する人は家畜と一緒

イルカが芸をする理由は、餌がもらえて褒めてもらえるから。。。。

 

外的モチベーションの人はそれと一緒です!!

思考が停止した人です。

 

極端な話、餌がもらえるからやる、それしか考えてない人です。

 

 

今日から外的モチベーションはやめて、

 

内的モチベーションの人になりましょう。

ぼくも、外的モチベーションで行動することは、多々あると思います。

もう、意識もしてないので、考えたこともないので。。。(思考停止状態)

自然に外的モチベーションで行動していると思います。

 

今回、外的モチベーションの人は、家畜です!!

と言われて、ぼくは、ショックを受けました。家畜はイヤです。

思考して、自由な楽しい人生を送りたいと思います。

 

 

それでは、内的モチベーションとは?

外部とは一切関係ない、これってなんだろう?とか自分の好奇心、知りたい

ということを原動力に、行動し、「知れて嬉しい」「達成できて嬉しい」これが内的モチベーションです。

 

この内的モチベーションに頼って、動いている人は、目標達成します。

できる人です。

 

目標達成できる人が1%しかいないということは、

内的モチベーションで行動できる人が1%しかいないということです。

 

子どもの頃からの外的モチベーションが染み付いてしまっているんです。

褒めちゃいけない、褒められちゃいけないって言うわけではないです。

 

外的モチベーションに頼った場合、褒められなかったとき、モチベーションがガクッと落ちてしまうんです。

麻薬と一緒です。

 

 

褒めてもらったり、ご褒美もらえたら、ぼくも嬉しいですもん!!!

 

外的モチベーションに頼ってて、ぼくも1番影響がありそうだなと思ったのは、

周りの人に悪口言われたり、「あの人何やってるの?」とか言われたら、

 

モチベーションがガクッと落ちると思います。

 

周りに左右されて、周りにコントロールされて、動かされることになります。

 

 

というわけで、ぼくは、内的モチベーションで、動いていきます。

少しずつでも変えていきます。

 

自分で自分を認めて、

自分で自分を褒める。

 

そうすれば、モチベーションは低下しないです。

 

「俺ってすごい!!」って思えることをやっていく。

人それぞれやる気ポイントがあると思います。ぼくもこれから、そのやる気ポイントを探っていきます。

 

みなさんも探って見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です