「美保神社」の福種銭~えびす様の総本宮~

島根県松江市美保関町の「美保神社」

出雲大社と両参りで縁結びの御利益倍増!

 

ここ、美保神社は、全国3385社ある恵比寿様の総本宮です。

 

その拝殿に置かれているのが、「福種銭」です。⬇

この福種銭。

書かれていることがとってもオシャレと思って、気に入っています。

 

考え方が好きです。

 

ぼくは、神社やお寺が好きで、いろいろなところへ行ったりしますが、

こういったものは、はじめてで驚きました。それと同時に嬉しかったです。

 

 

なぜなら、

 

 

ぼくの出身は松江市美保関町だからです。

 

同じ町内でも、こんなに良い物があったとは、

地元のことについてあまり詳しくなかった私にとっては、驚きとともに嬉しいことでした。

 

この福種銭の中には、ご祈祷されてピカピカの10円玉が入っています。

50円を奉納して、いただく福種銭ですが。

 

この中に入っている10円は、

 

 

大事に持ち歩くものではないんです。

使うものなのです。

 

よくある一般的なお守りは、大切に肌身離さず持ち歩くのが一般的ですが、

 

福種銭は使うんです。

この先出し後入れ精神が、好きです。

 

使うと

 

「廻り廻って自分へと還り、

家庭は円満に商売は繁盛すると篤く信仰されています。

 

おかげ(ご利益)を受けられましたら、

 

この包みとともに、お礼をお納めになり、

また新たな福種銭をお受けください。」

 

と⬇記載されています。

福種銭は、お土産にも喜ばれると思います。

 

 

出雲大社は、恵比寿様のお父さんである、大国主命が神様です。

 

美保神社は、お母さんの(三穂津姫命)と子どもの(ゑびす様)の2人が神様です。

 

 

昔から島根では、

出雲大社(親の神様)→美保神社(妻と子の神様)

の順で両方の神社をお参りすると良いと言われてきました。

 

島根旅行にいらっしゃった方は、必ずと行っていいほど、出雲大社へお参りされます。

 

せっかく出雲大社へ訪れるなら、美保神社へも足を運んでみてください。

 

両参りをすると、縁結びの効果が上がり、願いが叶いやすくなると言われています。

 

 

⬇これは、「金の鯛のお守り」です。

毎月7日は「七日えびす祭」が行われ、数量限定で30体のを授与できます。

 

また、特別な御朱印ももらえ、

お宝もの公開などもあります。

 

帰りは、白いかをぜひ食べて帰ってください。とっても美味しいです。

 

ちなみに、

 

4月7日は、100体限定になります。毎月よりも数が増えますね。

 

8時前には到着して並ばないと、もらえない可能性が出てきます。

 

7:30など早めに行けば大丈夫!

 

 

それから、

 

この福種銭お気に入りなので、ぼくのブログのタイトルにも使わせて頂いてます。

HUKUTANE

 

として。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です