検索力を身につける

現在は、ネットの時代です。

まだ、ネットを使いこなせてない人は多くいます。

ぼくの親も使いこなせてないです。

 

 

ネットを使いこなせれば、これほど便利なものはありません。

わからないことがあったら、ネットで調べる。近所のおっちゃんに聞くよりも詳しくてわかりやすい回答が帰ってきます。

 

説明の際、画像や動画もありますし、とてもわかりやすいです。

 

今回は、

検索力を身につける方法をお伝えします。

 

①必ず自分で問題解決の方法を見つけ出して、実行するという自分でやるという習慣を身につけること。

 

 

②質問力を高める。質問力を高めるためには、細分化深堀です。

 

例えば、

ゴルフを上達したいというときの検索方法です。

 

Googleの検索窓に 「ゴルフ 上達」と言葉を入れて検索します。

そうすると↑みたいな感じで検索結果が出てきます。

 

 

今度は、上の検索結果の中で、「ゴルフが上手いってどういうこと???」というのが気になったので、

「ゴルフが上手い」と検索してみます。

 

これが、深堀りです。

 

そうすると、シングルプレーヤーはスコア平均74~84

プロはスコア平均72以下

などとある程度の基準となる数字が出てきます。

 

これが、ゴルフが上手いってどういう状態?という定義になります。

ゴルフがうまくなりたいって言っても、どんな状態が、ゴルフが上手いと言えるのか定義が明確になっていないとどこを目指していったら良いのかわからなくなります。

 

なので、自分で調べて、ゴルフが上手いって言うのを定義します。ゴルフが上手いってどういうことなのか?

 

例えば、スコア100をきることが、ゴルフが上手いと定義すると、

 

 

次は、「スコア100の切り方」について気になったので、「スコア100の切り方」と調べてみると、

 

これまた、スコア100をきるための方法や考え方などいろいろな内容が出てきます。

ロングパットの方法とか、アイアンとかいろいろ、ゴルフ初心者にとっては、聞いたことのない言葉がたくさん出てきます。

 

こうして、気になることやわからないことを調べて、深堀りしていくことによって、どんどんゴルフの上達について詳しくなっていきます。

 

 

 

まとめると

 

ゴルフが上手いとは?

プロだと平均スコアが72をきる人。

素人はまず100をきることを目指す。

100をきるにはどうしたら良いのか?

 

という具合に、

深堀りをしていって、言葉(定)を明確にし、問題を自分で見つけて、解決していくという感じです。

 

言葉の定義をしっかりすること、そうすると知識が深まります。そうすると質問力も高まり、検索力も高まります。

 

これらのわからない言葉を全部調べ上げて、わかるようになり、行動としてできるようになると上達します。

 

ゴルフが上手くなるってどういうことなのか?

旅行を楽しむってどういうことなのか?

その定義をしっかり調べて、考えて決めてください。ここが明確にならないと始まりません。

 

趣味を見つけたい方は、ぜひやりたいこと、興味があることについて調べてみてください。深堀りしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です