ADAのテストネットのステーキング方法

【 ADAのテストネットのステーキング方法 】

 

ADAコインの報酬付きテストネットのウォレットが公開されました。

 

11月29日時点でADAコインを「ダイダロスウォレット」もしくは「ヨロイウォレット」で保有されていた方は、テストネットでのステーキングに参加できます。

 

ステーキングの参加には専用のウォレットが必要であります。

現時点では、ダイダロスウォレットが公開されています。

 

ヨロイウォレットについては、本日中には公開されるそうです。

 

大まかな流れとしては、

 

①テストネット用 Daedalusウォレットをダウンロード

②ウォレット復元

③報酬ウォレット作成

復元フレーズ15個書き写し

テストネット用ADAを報酬ウォレットの方に移動。

ステークプールを選んで委任。送金パスワード入れて完了。

 

まず、

– テストネット用 Daedalusウォレットをダウンロードしてください。

http://bit.ly/2stKVyF

↑こんな画面が出てくるので、この中から、自分のパソコンに対応するDaedalus – Rewardsウォレットをダウンロード、インストールしてください。

 

インストール完了したら、アプリを開くのですが、

ぼくがやったときは、1~2時間、同期が始まりませんでした。

そんな時の解決方法です。

 

  • セキュリティーが邪魔してる可能性があるので、Daedalus – Rewardsウォレットのアイコンを右クリックして→管理者として実行→はい

を試したら、同期が始まり無事に開きました。30分前後だと思います。1時間はかかってないです。

 

それでもだめなら、PCを再起動してみてください。

 

そして、

やっとDaedalus – Rewardsウォレットが開いたら、

報酬ウォレット作成と復元が出てくるので「復元」のところから、ダイダロスの復元キーを入れます。(12個の復元フレーズ)

 

ウォレットが復元され、ダイダロスウォレットに入れていた、ADA残高が表示されます。

 

その上に

赤い字で「報酬ウォレットを作成してください」

と表示されているので、報酬ウォレット作成をクリックしてください。

 

そうすると、はじめの画面に戻るので、報酬ウォレットボタンを押して、新規作成してください。

 

名前は好きな名前で良いです。

 

送金パスワードは、10文字以上で、英語大文字小文字などを入れないといけないなど決まりがあります。

 

その後、復元フレーズ15個が出てくるので、必ず書き写して、なくさないようにしてください。ぼくは写真をとってプリントアウトしていますが、写真をとってのこすのは、セキュリティー上良くないです。

 

報酬ウォレットを作り終わったら、

 

残高ウォレットに戻って、

テストネット用ADAを報酬ウォレットの方に移動します。

 

今度は、報酬ウォレットに戻って

一番左の、上から2番目のカルダノマークのアイコンを押して、

委任センターで委任をするを押します。

 

その後、ステークプールを選ぶとなっているので、好きなのを選んでください。

ちなみにぼくは、ランキング1位のを選びました。

 

あとは、指示に従って進んでいって、送金パスワードを入れれば完了です。

 

ぼくの場合は、1日と5時間後にステーキングが開始されるようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です