今こそ押忍の精神です。

さぁ、引き続き、

いい文章のシェアです。

 

お元気様です。

現代社会で一般的な教育を受けると、

自己の権利を主張したがります。

ペランペランな。( ̄∇ ̄)

それは、日本人の一人一人を利己主義に走らせ、
薄っぺらなところで、

自分こそ世界の中心

と思わせて中流意識を根付かせ消費を促すためんです。

よくよく考えてください。

世の中の第一線で戦っている
経営者や職人、武道家、投資家、そのほか。

およそ一人前になるまで修行するためには、

押忍の精神が必要です。

世の中で成功している方は、
全員が知っていることであり、必要なことです。

未熟なものが全部を知らない方がいい場合の方が、
実は多いのです。

知ったところで実力がなければ何もできない。

逆に実力がある方は、
聞かずとも状況がわかります。
明確にわかります。

随分と経験し押忍の精神でやってきたからです。

それが人間社会です。

と書く現代日本は、
中流の権利を主張したがる。

誠に嘆かわしいことです。

本当の恐怖を知らないからです。

物事の真髄を見極める力がないからです。

全責任を背負い、それでも一歩前に進む者は
全てを背負い、

押忍の精神でやり抜きます。

雄の精神について、一般的な意味を記述転載します。

耐えがたきを耐え 忍びがたきを忍び

押さば押せ 引かば押せ

これすなわち 自己滅却の精神也

我が道に いかに険しき山あれど踏みてぞ越えん

押忍の精神

http://phalaenopisis.blog99.fc2.com/blog-entry-444.htmlからの抜粋

「押忍」とは「押」と「忍」の二文字より成り立ち、その内、忍とは刃に心と書く。
刃(カタナ)とは日本武士の魂であり、我々にしてれば拳技こそが刃である。
研いていない刃は鈍ら(ナマクラ)であり、イザという時に本来の役に立たない。
同様に拳技も日頃より、研き、鍛えておかねばならないのである。

当然、切れ味鋭い刃は武器にもなるが、凶器にもなり得る。
刃は抜身であってはならない。武士は普段は刃を鞘に収め、
無闇に抜き放つことはあってはならないとされていた。
空手も同様、真に必要な時以外にはその拳技を振るってはならない。
蛮勇で振るった技はすでに拳技ではなく、凶器に過ぎない。
心という鞘に収めて制御してこそ「技」である。
故に刃と心は合わせて一字で忍と書く。

その「技」と「心」を以ってして、何を「押」えるのか?
当然、自己に未熟と他者の不当な侵略や暴力を押さえ止めるのである。
自身を護り、かつ仲間を護る護身の術、精神に他ならない。
押忍とは武の精神の表れであり、武とは二つの弋を止めると書く。

http://kazesite.livedoor.blog/archives/23299261.html

 

「押忍の精神」

こんな言葉を聞いたのは、初めてです。

成功者はこんな精神状態だったりするんですね。

一人前になる修行。

 

「清濁併せ呑む」という言葉を聞いたことがありますが、

それよりも、全然、上の状態な気がします。

 

「耐えがたきを耐え 忍びがたきを忍び

押さば押せ 引かば押せ

これすなわち 自己滅却の精神也

我が道に いかに険しき山あれど踏みてぞ越えん

押忍の精神」

 

古川さん素晴らしい。

こういうことを発信できる方は、ホント素晴らしい。

 

ぼくこういう言葉好きなんですよね。

まだこんな境地には、至っていませんが、読んだだけで感動します。

 

多くを経験されて来られたんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です