人生を賭してでもやらないといけないこと

こんばんは将太です。

 

今日のブログの題名にもある

 

『人生を賭してでもやらないといけないこと』

 

ってなんだと思いますか??

 

 

 

 

ぼくは、これを初めて聞いたとき、

 

ゾッとしました。

 

20代前半からそうなりたかったのに、

 

人生を賭して

 

という気持ちでは、行動していなかった、、、、、

 

ということに気づいたんです。。。

 

 

この

『人生を賭してでもやらないといけないこと』

 

というのは、

「金持ち父さん貧乏父さん」の本で有名な

 

クワドラントの右側にいることです。

 

右側とは、ビジネスオーナーや投資家の位置です。

 

 

他の言い方をすると

 

経済的自由人とか

最近若者を中心にムーブメントになっている、

FIRE(ファイア:Financial Independence, Retire Early)早期に経済的に自由になることです。

 

 

ちなみに、

左側は従業員と自営業者です。

 

 

 

 

 

クワドラントの右側の住人に、

一瞬なっただけじゃいけません。

 

 

 

ず〜と右側の住人で居続けることに意味があります。

 

 

右側に行けば時間も自由ですし、経済的にも自由。

 

そうなると住む場所も選ベルだろうし、

人間関係のしがらみも少なくなってきます。

 

ぼくにとっては、理想的な場所です。

 

クワドラントの右側を目指す人も多いと思います。

 

 

ぼくは投資で、経済的自由を目指しています。

 

暗号通貨や株、不動産、

もちろん働いて、労働収入で原資も作って。

 

最近は暗号通貨が、高騰していて熱いので、そっちに集中しています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です