約100億円もの資産を築いた 本多静六さん

こんばんは、将太です。

 

今日で、

丸1ヶ月間ブログを毎日継続したことになります。

 

あっという間でした。

 

毎回、ネタは何にしようかと悩むときもあれば、

 

すぐに書けるときもあり、

 

苦しみながらも1ヶ月が終わりました。

 

まだ、これからですね!!

 

考えて、ひねり出していきます。

 

脳に汗をかかせます(笑)

 

幻の名著より

昭和の時代に今の価値で言うと

 

約100億円もの資産を築いた

本多静六さんの

 

『私の財産告白』

という本があります。

 

その本の中で、

 

本多静六さんは、

 

1日1頁分 (32字詰14行)以上の文章、

【32×14=448文字

 

それも著述原稿として印刷価値のあるものを

毎日必ず書き続けました。

 

それも25歳の時から。

第一期目標は50歳と書いてありますが、

 

85歳のときも続けておられました。

 

相当な文章量を書かれています。

本にすると、370冊余りの著作を残されました。

 

「貯金と同じようにあくまでも忍耐と継続とが大切で、

最初はずいぶん苦しかったが、断然やり抜いた。」

 

と書かれています。

 

この覚悟がすごいです。

やり抜く力が半端じゃない!

 

静六さんは、自分との約束を守り続けた方です。

 

1週間旅行に行くと7頁分たまるため、

旅行から帰ってからの1週間で

1日2頁分書いて取り返したようです。

 

 

年末年始などは、俗事に煩わされるため、

10枚、20枚の書きためていたそうで、

 

書くことも次第に慣れ、だんだん面白くなったそうです。

 

腸チフスという病気をしてからは、

入院中は書けずにお休みしたため、

 

退院後は、

1日3頁分書くようになってしまったそうです。

 

それが新しい習いになりました。

1年で1000頁です。

 

 

これを見習って、やるのみ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です