刺激を求め続けることの罠。楽して簡単にはない

こんばんは、将太です。

 

このブログを

島根の松江市から発信しているんですが、

 

島根県って中国地方にあるってご存知ですか??(笑)

 

中国地方に、

なに県が存在するのか、多くの人が知らないと思います。

 

 

 

古市幸雄さん、

というかたがおられます。

https://successtool.jp/

 

 

(手前味噌で、)日本でトップレベル

(一部は世界トップクラス)の能力開発に関する情報を発信していると自負している方です!

 

古市さんは、地方都市の岡山市で暮らし始めて、もう9年目。

東京から発信してるわけではありません。

 

「毎日刺激があると思うのかい!?」

と言われますww

 

古市さんは、

おそらく都会で働く高校や大学の同級生、

または以前勤めていた、読売新聞社の同期よりも、

いろんな意味で結果が出ていると思います。

 

 

どうしてか?

 

原理原則に従って、退屈だけど、刺激はないけど、

 

5年、10年後に結果を出すために、

やるべき事を淡々と続けているから。

 

 

・毎日、読書

・毎日、インプット

・毎日、アウトプット

 

 

「岡山だから、古市は結果が出るのだ」と思うのだったら、

岡山に移住したら!? 刺激はないよ!! (^0^;)

 

 

ホントそう思います。

 

岡山より島根はもっと刺激ないんじゃないでしょうか??

岡山は新幹線が通ってますが、島根は通ってないし。

 

人の出入りの数も断然違います。

人口も少ない!

 

 

刺激がないと言って、刺激を求め続けると、

カモられます(笑)

 

カモられるのが好きな、M体質になってませんか??

 

 

楽して簡単にと思ってると、簡単にカモられます。

 

詐欺師たちは、(ラクして簡単にを求めて)

物欲しそうな顔をしている自己啓発オタクの前に、

ニンジンをぶら下げるのは朝飯前ですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です