米国株が面白い!アメリカは30年以上 連続増配の企業か、何十社もあります。

こんばんは、将太です。

 

米国株も面白いというお話を聞きました。

 

 

アメリカは30年以上

連続増配企業が、何十社もあります。

 

日本では、花王が30年、増配を続けました。

30年以上は、花王のみです。

花王ってなかなかすごいんですね!

 

 

日本企業は伸び悩んでいて、

人件費削減とか、経費削減とか

コストカットすることでしか打つすべのない企業もあります。

 

 

日本はアメリカに比べると成長する、利益が伸びる方向ではありません。

 

悲しいことに、

少子高齢化で年々人口は減っていくし、

そうすると消費も減っていきます。

 

個別株に投資することで、金融・経済・株式などの情報のアンテナ

高くなると考えます。

 

情報は命です。

 

米国株は、1株から買えます!

日本株は、100株からなんですが、アメリカは1株からです。

 

日本市場の取引量は、1日で数兆円程度です。

それに比べて、

アメリカ市場は1銘柄だけで数兆円単位になることもあります。

 

なぜかというと、アメリカ市場は、多様な国、人が投資しています。

 

米国株は、

Amazon、Apple、スリーエム、Google、アルファベット、

Facebookなど

 

輝く銘柄の宝庫です。

 

人口増えて、

消費も上がっています。

 

何よりも、長く安定的に収益を出していて、連続増配している銘柄が多いです。

 

  • スリーエム:63年連続
  • コカ・コーラ:58年連続
  • ジョンソン・エンド・ジョンソン:58年連続
  • ペプシコ:48年連続
  • ウォルマート48年連続
  • マクドナルド:45年連続

 

30年以上連続増配している米国企業は46社。

30年以上連続増配している日本企業は花王のみとなっています。

 

 

こういう情報を知ると、日本の企業は認知度や収益など、米国との大きな違いを感じます。

 

 

 

ネットショッピングをするときは、Amazonをよく使いますが、

Amazonのような巨大企業であっても、現在も大きく成長していて、

 

今年の第1四半期決算では、44%増収、純利益3.2倍となっています。

 

 

 

そして、

米国株インデックス投資も面白い。

 

また、書いていきますね!!

 

 

少しずつ、小さく始めること、

やってみないとわからないし、覚えません。

 

ベイビーステップで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です