莫大な赤字のツケは、ぼくたちや、皆さんが払うことになるわけです

こんにちは、将太です!

 

色々騒がれたオリンピックも終わり、

今度は、甲子園が開幕しましたね!!⚾

 

オリンピックの日本代表の野球も面白かったですが、

高校野球も毎年楽しみにしています(*^^*)

 

 

 

恐い話なんですが、、、

 

東京オリンピックの総費用は4兆円

にもなるようなんです😱

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/0be8284e948ef420e9c926012d2ce547f5d3ed44

 

莫大な赤字のツケは、誰が払うのか??

 

 

 

 

ぼくや、皆さんが払うことになるわけです💦😱😱😱

 

税金で払うしかない。

 

オリンピックが終了後、その国の経済は地に堕ちます。

テレビ観戦しかできない五輪に、

4兆円の価値があったと思う国民はどのくらいいるだろうか。

https://news.yahoo.co.jp/articles/0be8284e948ef420e9c926012d2ce547f5d3ed44

 

と↑載っていましたが、

ホントそのとおりだなと思いました。

 

コスパが悪すぎます😅

 

 

 

しかも、感染症禍での経済衰退、

その前の世界から見る日本の衰退。

 

 

 

これから頼りになってくるのは、

 

もう、本当に自分だけになってくるかもしれません。

 

 

国には頼れなくなる。

 

 

 

その誰にも頼れない時代が、すぐ、そばまで来ているかもしれません。

 

 

自分が稼ぐ力を付ければ良い。

 

 

増税論議について

日本の税収は約55兆円

一方の歳出は約96兆円です

(ともに、2015年度予算)。

 

この収支のアンバランスを国債、つまり借金で穴埋めしているのが今の日本の財政事情です。

 

この現状をなんとかしないと、日本の財政はいずれ破綻するということで、

増税の必要性が指摘されているわけです。

 

96兆円の支出の中から、ムダを削ればいいという意見もあります。

 

これも、言葉だけを聞くと正しい主張のように感じられます。

96兆円の内訳を見てみると、

そのうち、削ることが基本的に難しいのが、

過去の借金の返済である「国債費」と、

地方への補助金である「地方交付税交付金等」です。

 

 

この2つを合わせると約39兆円になります。

 

ということは、税収55兆円の約7割が、これらの支払いに消えてしまうことになります。

 

 

税収の残りは約16兆円ですが、

社会保障費だけでもその2倍の約32兆円もある。

すでにこの段階で、支出を削ってもなんとかなるものではないことがわかります。

 

つまり、節約するにも限度があるのです。

 

となると、景気回復による税収アップにも限界があるわけですから、

収支のアンバランスを解消するためには収入を増やすしかない。

 

 

残念ながら「増税」しかないのです。

 

日本の財政を健全化していくためには、税率そのものを上げて、

税収を増やしていくしかほかに方法はないのです。

 

 

 

 

「増税」という言葉に、私たち生活者の多くは拒絶反応を示します。

 

税金をより多く納めることで、私たちが自由に使えるお金が減ってしまうのは、

心地よいことではないからです。

 

 

これから日本に住む以上、

増税覚悟で、稼ぐ力をつけないとやっていけないなと思った、

今日でした。

 

引用書籍↓

https://www.amazon.co.jp/dp/B01N0AEF3U/ref=cm_sw_r_cp_apa_glt_1R29VR8SM4BSXG12EKZT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。