1989年のトム・クルーズ主演の映画 『カクテル』

おはようございます🌅Shotaです。

 

今日は、1989年の映画🎬

『カクテル』を観ました🎶

 

トム・クルーズ主演の32年前の映画で、

トム・クルーズも若い!!!

 

Googleによると、

現在、トム・クルーズは59歳なので

 

27歳のときのトム・クルーズを見ることができます😁

 

AmazonPrime Videoでの評価も

4.5と高い評価!

 

 

なぜ、この映画を観ようと思ったのか?

なぜ、この映画を観ようと思ったのかというと

 

この映画を観て、バーテンダーに憧れて

実際にバーテンダーになったという

 

高橋歩さんの影響です。

 

実際にバーテンダーになってしまうくらい

影響力のある映画🎬

 

ずっと観ようと思いながら見ていなかったんですが、

今回観ることごできました✨👏

 

高橋歩さんは、

実業家、作家としても活躍していて、

奥さんと世界一周旅行したり、

ハワイに住んだりしているという

 

自由人。

 

遊びに仕事に、行動レベルがすごい方です。

 

 

映画🎬『カクテル』について

トム・クルーズがとっっても若くて、

勢いがありました!

 

青春!!って言う感じの映画で、

観ていて、清々しい気持ちになったのと

勢いを感じました。

 

 

日本のバーテンダーは、落ち着いて気どってるイメージがあったんですが、

 

アメリカのバーテンダーは、

パフォーマンスをしたり、トークをしたりと

お客さん(女性)を楽しませて、喜ばせる

仕事でした。

 

お客さん(女性)が増えると

それに群がって、男性客が増えて、

 

男性客は、好みの女性にお酒をおごるから

 

お店も儲かるという。

 

 

なるほどな仕組みでした。

 

バーテンダーは、お金ももらえて、モテるという。

盛り上げるのは、頭を使ったり大変かもしれませんが、

 

魅力的なお仕事でした🎶😊

 

バーテンダーのイメージがガラッと変わった映画です。

 

固定観念で、バーテンダーのイメージがありましたが、

その固定観念が変わりました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です