『有るという事実』にフォーカスする──」

こんにちは、Shotaです!

 

運動に縄跳びをやっていたんですが、

今日切れてしまいました😱💦

 

中学校のときに使っていた縄跳びなので

仕方ないです。

 

また、購入しようと思います。

Amazonでは色んな種類が出てますね。

エアー縄跳びもあったりして。

 

ドバイはペーパーレスを達成

https://news.yahoo.co.jp/articles/c9aeec453a8329a65fb0616ca5d05a2e61762284

ドバイが、

政府機関での完全なペーパーレス化を達成したと発表しました。

世界初だと。

これは、すごい!

日本は未だに紙ですから!

 

ペーパーレスってことは、パソコンでそのデータを見たりするんですかね?

 

それも目が疲れそうですが、

書類を探す手間が省けそうです。

 

 

友人に紹介してもらった本

「やりたいこと」なんて、死ぬまで必要ない。その理由をぶっちゃけます!: 「やりたいこと」が見つからない大人のままでいい。 https://www.amazon.co.jp/dp/B07M9658JB/ref=cm_sw_r_apan_glt_MHMD150CYM0PTBH2RAQC

 

読むと肩の力が抜ける本です。

 

ぼくも何もせず寝てたい方なので、

読んで

気持ちが楽になりました。

 

TVやインターネット、SNSなどによって、

情報が溢れ、振り回されているな、時間を浪費している時代です。

頭の中がワチャワチャしている気がします。

 

心に残ったのは、

 

『有るという事実』にフォーカスする──」

という言葉です。

 

ここで書かれているように、

不思議なもので、私達はすでに満たされていることにはあまり関心がなく、いつも『無いという事実』ばかりに興味をもっています。

 

確かに!!

満たされていることには、あまり関心がなくなってますね。

 

美味しいものを食べて、お腹は満たせているし、

家もあるし、寝るベッドもある。

お風呂も入って、

 

仕事もあって、給料ももらって、

生きていく上では、

他の国の貧しいところよりもいい生活ができていると思います。

 

やらなきゃと思うということは、不足の方に部分に視点を当てているから。

もともと

なるべく、やろうと思ったことをやっていたつもりですが、

 

もっと自然に、

力の抜けた感じで、頭で考えずに、

やろうと思ったこと、気になったことをやることにします。

 

色んなものに手を出してしまい、

余計に時間がなくなったり、中途半端に終わったり、

 

それはそれでいいんでしょうけど。

 

何もしないっていうのもいいですね。

なにかしなければっていう思い込みも自分の中にありました。

 

良い本でした!

この作者の他の本もキンドル・アンリミテッドで読めるようなので、読んでみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。