男親の役割

こんにちは、Shotaです!

 

先日の続きで、

つべこべ言わないで平然と生きること。 淡々と生きること。

 

『淡々と生きる』

https://amzn.to/329ayql

という本の中で、「男親の役割」という章がありました。

 

その中に、

母親が楽しそうだったら楽しい、と子どもは感じる。

母親がいつもイライラしていると、子どももイライラして荒れる。

父親は関係ない。

 

という文章があります。

ぼくは男なので、これを読むと少し寂しい気持ちになりますが、

この文章の通りかもな。

とも思います。

 

妹の一番下の子どもは、4歳なんですが、いつもお母さんと一緒にいます。

お母さんが大好きです。

 

お母さんから生まれてるし、一緒にいる時間が長いし、

お母さんの感情は受けやすいだろうなと思いました。

 

文章を引用しておきます。⬇

父親は、子どもの母親、つまり妻に対して、精神的安定と経済的安定を与えるために存在します。

子育てには直接ではなく間接的に関わっています。あるテレビで見たのですが、お母さんが悲しいという状況にいたらあなたも悲しいですか?

と聞かれた子どもの90%以上が、悲しいと答えました。

 

お母さんが楽しいと感じていたらあなたも楽しいと感じますか?

という質問に対して、

やはり90%以上の子どもが楽しいと答えました。

 

ところが、

 

お父さんが悲しそうだったらあなたも悲しいですか?

と聞かれた子どもの90%以上は、そう思わないと。

 

お父さんが楽しそうだったらあなたは楽しいと思いますか?

という質問に、やはり90%以上の子どもが、そうは思わないと答えていました。

 

 

母親が楽しそうだったら楽しい、と子どもは感じる。

母親がいつもイライラしていると、子どももイライラして荒れる。

父親は関係ない。

 

父親がどんなにイライラしても怒っていても、子どもは何の影響も受けない。

子どもにとっての母親は、同じ細胞を持った人間です。

父親は「かもしれない」という存在です。

 

だから母親が悲しいと思ったら子どもも悲しい。母親が楽しいと思ったら子どもも楽しい。

同じ細胞だから、そのように直接的に伝わるのです。

 

かといって、男親がまったく役に立たないのではない。夫が妻に精神的な安定を与えることができれば、

妻は精神的に安定します。その結果として、子どもも精神的に安定する。」

 

『あんでるせん』の久村さん

この本には、『あんでるせん』の久村さんの話も書いてありました。

 

長崎県にある川棚町という町のJR川棚駅の前にある

「あんでるせん」というマジック喫茶の話です。

 

この店は、全国から人が集まる人気店。

 

一度は行ってみたいと思っていた店だったんですが、

この本にも登場していたので、改めて行きたくなりました。

 

久村さんが見せてくれるマジックの中には、マジックでできるものもありますが、

どう考えてもマジックには、なり得ない、マジックでは絶対ムリだと言うものがいくつかあるそうです。

 

興味のある方は、行ってみてください!⬇

https://tabelog.com/nagasaki/A4204/A420402/42002848/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です