ICOブームにより、出てきたプロジェクトの現在は?

こんにちは、Shotaです!

 

2017年2018年はICOブームで、

たくさんのICOに投資された方も多かったと思いますが、

 

 

ほとんどのプレジェクトが、なくなってしまった

または、

苦戦している状況だとみうけられます。

 

 

ICOで会社は、資金調達をして何億・何十億と資金を集めました。

 

その当時、流行っていたのが、ETH(イーサリアム)でのICOでした。

 

ETHで支払いをして会社はETHでお金を得て、

運営資金として暗号通貨を入れるウォレットに預かっていました。

 

 

その後、なにが起こったかというと、、、、

 

 

 

ETHの価格がドン📉と下がってしまったんです。

 

 

 

そうなると、会社が投資を受けた何億・何十億・何百億の資金が

 

ほとんど紙切れ💸のような金額になってしまった、、、ということがありました。

 

 

結局、会社は現金があって成り立つので、

会社を維持・継続するにはその後の収入も必要です。

 

 

今は、その辺の

見直しがされてきて、残っているプロジェクトは、

正当なビジネスができるようになってきています。

 

プロトコル(ブロックチェーンのプロジェクト)収入

過去90日間のプロトコル(ブロックチェーンのプロジェクト)収入についてまとめたブラフです。

https://www.tokenterminal.com/

 

これをみると、一番儲けているのが、イーサリアム(Ethereum)です。

 

Ethereumは、使うたびにガス代(手数料)がかかります。

手数料は、その時々で違うんですが、

 

現在、一回の取引で手数料だけで1万円かかったりすることもあるので、

それが、Ethereumのプロトコル収入となっています。

 

一回の送料で1万は高すぎます!!!

昔は、17円とか20円とかの手数料だったんですが、

DeFiができてきたり、NFTができて来て

一気に手数料が上がりました😳💦

 

 

上のグラフを見ると

1位と2位の差が開きすぎです。。。。

 

ブロックチェーンで収入を得るのはなかなか難しいようです😅

 

 

早くイーサリアムではない

他のプラットフォームに移動して、手数料が安くなり、使いやすくなることを祈ります。

 

そのイーサリアムの代わりになってもらいたいのが、

ADA【カルダノ】だったり、CENNZ【セントラリティー】です。

 

とっっても期待しています😁

 

 

2位はアクシーインフィニティです。

グラフの第2位にいるのは、アクシーインフィニティーです。

 

先日、ブログで紹介したブロックチェーンゲームのアクシーインフィニティです。

このゲーム

結構収益をあげているんですね。

 

アクシーインフィニティは利用者が多いようです。

 

オープンシーもNFTで有名ですが、

ここも多くの利用者がいます。

 

 

利用者が多くないとやっていけませんね。

 

 

こういった傾向から、

生き残っているプロジェクトも

今後どう展開していくのかが大切なところです✨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です