1月も終わり。旧暦では、明日が1/1日になり、旧正月です。 中国では春節!🧨

おはようございます!Shotaです。

 

今日で1月も終わって、

 

明日から2月!

旧暦では、明日が1/1日になり、旧正月です。

中国では春節!🧨

 

北京オリンピックももうすぐ始まります。

 

北京オリンピックでは、

デジタル人民元での取引が始まるようです。

 

新しい試みなので楽しみです。

 

デジタル人民元になれば、

偽札を気にしなくてもいいし、

お金を持たなくても良くなります。

 

スマホが財布代わり。

 

友人が3年前に中国へ行った際、

小さなお店でもQRコード決済が導入されていて、

 

現金で払おうとすると嫌な顔をされたりすると言っていました。

 

 

国からすれば、税金のトリッパグレがなくなるだろうし、

導入は大変かもしれませんが、

国外への人民元の持ち出しも防げるし、

 

総合的にメリットが多いと思います。

すでに、キャッシュレス決済が進んでいる中国。

 

 

日本は、まだまだ

キャッシュレスは進まない気がします。

 

なぜなら、

新デザインの新札を2024年度上半期に発行する予定だからです。

 

デジタルを進めずに、新札を刷っています。

 

 

気になっていた『なぜ銀行のビルは立派なのか?』について

銀行って、大きくて、立派で、キレイですよね!

しかも、立地も良いところに建ってるし。

 

『なぜ銀行のビルは立派なのか?』とずっと気になっていたのですが、

面白いし解説があったので載せておきます。

こういう話は、好きです😉

■■コラム なぜ銀行のビルは立派なのか?

 

世界のどこの都市に行っても

日本の小さな地方都市に行っても

銀行の建物はその街の中心地にあり

その街で最高レベルに立派です。

 

ここで、なぜ立派なのか

ということなのですが

それは他の商売以上に

怪しいことをしているためです。

 

怪しいことをしているからこそ

立派な雰囲気にして

人々が信じて疑わないように

しているのです。

 

 

具体的には

どんな怪しいことをしているのかというと

銀行を信用しなさいと言って

人のお金を堂々と預かっているのです。

 

個人やボロイ店が

人のお金を預かろうとしても

誰も預けないわけですが

銀行は立派だからこそ

人々はお金を預けるのです。

 

また、銀行は、銀行にないお金まで

堂々と貸し出して

利息までとっているのです。

 

銀行以外の会社かそんなことやると

詐欺だと叩かれるわけですが

銀行は立派なので

文句を言われないわけです。

 

 

というわけで

銀行は怪しいことをしているからこそ

それでも信用してもらうために

立派である必要があるというわけです。

 

立派な建物だと

全て正しく真っ当であると

思ってしまいがちですが

実は逆のことが多いので

これを知ると

世の中の理解が深まりますね。

 

立派な自社ビルを構える大企業も

中小企業以上に

ぼったくりだったりしますし

立派なパッケージの食品も

添加物満載だったりしますので

立派なイメージに騙されないよう

気をつけた方がいいです。

 

 

★この話が役に立ったという場合には

お友達にも、このメルマガを

紹介いただけると大変うれしく思います。

https://kawashimamm.com/

 

★川島メルマガはスマホアプリでも

読むことができます。

https://khkhk.com/ap.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です