こんなことで、緊張が緩むという衝撃の事実。

こんにちは、Shotaです!

 

今日は、顎関節症についてです。

 

30代女性の

顎関節症の方の鍼灸治療をしてきました。

 

学生時代から、

関節がひっかかって動かなくなる、

顎関節症の症状があり、

 

マウスピースを作ったり、

マッサージをしたり、顎を動かす体操をしたりして

これまでは、数日で引っかかりが治っていたんですが、

 

 

ここ最近は一ヶ月の間、

関節が引っかかって動かない状態が続き、

大きな口が開けられない状態になっていました。

 

小さい食べ物は食べられますが、

おにぎりなど口を大きく開ける食べ物は、食べにくいんです😱

 

 

アゴ周りやコメカミ、耳たぶの裏、首周りへ鍼をして、

首周りも緊張が強くなっていたので、

マッサージをしてほぐしました✨

 

 

筋肉の緊張が強いと

筋肉が縮まって短くなるため

骨を引っ張って歪みになります。

 

この方も筋肉の緊張が強かったので、

顔や顎周り、首肩の緊張を緩めていきました。

 

そうすると歪みも改善して、

関節の引っ掛かりもなくなってくるはずです。

 

 

筋肉って無意識に力が入って、力を抜ければいいんですが、

抜くことができないと、

不具合が起こってきます。

 

まず、力が入ってることに気づけないと

抜こうとも思わないし、

 

気づけたとしても

力の抜き方がわからないと、筋肉の緊張は緩まないです。

 

 

ぼく自身は、自分が無意識に力が入っていることはわかるようになりましたが、

まだうまく力を抜くことができません。

 

気づくと、無意識に力が入ってしまっています。

 

 

力を抜くのにとてもいいのが呼吸法です!!!

数年前まで、

マッサージや、鍼灸などをしないと筋肉の緊張は緩まないと思っていたんですが、

 

催眠療法を受けたことでこの認識が変わりました。

 

催眠療法(ヒプノセラピー)は、

前世を見れると言うことで、

面白そうで、ホントに前世なんて見れるのか??と思い、

興味本位でやってみたんです😁

 

不思議な体験でしたよ!!

 

その催眠療法は、

まず始めに、深呼吸を何回も行って体の緊張を緩めていきます。

 

深呼吸や

首肩の緊張が緩むのをイメージするだけで、

緊張がほぐれるという経験をしました。

 

こんなことで、緊張が緩むのは衝撃的でした。

 

 

瞑想がうまくできると

同じような緊張緩和効果が得られると思います。

 

これも訓練が必要ですね👌

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です