精神科医が教える 毎日を楽しめる人の考え方。『仕事ファースト!』から『遊びファースト』へ

こんにちは、Shotaです!

 

新刊『精神科医が教える 毎日を楽しめる人の考え方』樺沢紫苑(きずな出版)を読みました。

 

 

コロナ禍で「我慢」の期間が2年も続いています。

そろそろ日本人は楽しむモードに切り替えなければ、メンタル的に追い込まれていくでしょう。

 

日本人は、もっと人生を楽しんでいい。

 

ということから書かれた本のようです。

 

 

本の中で紹介されていた、『幸せの微分』という概念が印象的でした。

今、楽しい。今日楽しい。

これが、7日続くと、「今週1週間楽しかった。」になります。

今、楽しい。今日楽しい。

これが、30日続くと、「1ヶ月間楽しかった。」になります。

今、楽しい。今日楽しい。

これが、365日続くと、「1年間楽しかった。」になります。

今、楽しい。今日楽しい。

これが、10年続くと、「10年間楽しかった。」になります。

今、楽しい。今日楽しい。

これが、50年続くと、「自分の人生はなんて楽しい、幸せな人生だろう」と思うはずです。

『3つの幸福』(樺沢紫苑著、飛鳥新社)

 

という内容ですが、

言われて気づきました。。。ホントそのとおりです。

瞬間の積み重ねが、1日になるし、10日になり、10年、20年と続いていきます。

 

ブログの積み重ねも

1日の積み重ねで、もうすぐ1年になります。

塵も積もれば山となると言いますが、積み重ねってすごいなと思います。

 

毎日毎日書くのは大変でしたが、1年があっという間だった気もします。

 

 

10年前中国へ留学したのですが、

日本へ帰ってからも

少しでも良いので、中国語を聞くなり学ぶなりして勉強を10年続けていれば

中国語レベルは落ちることなく、仕事でも使えるレベルになっていたんじゃないかと思ったりします。

 

 

『仕事ファースト!』から『遊びファースト』へ

遊びファーストの考え方もいいなと思います。

 

まず、「遊び」「休息」「リラックス」の時間を最優先で確保して、時間を決めて制限時間の中で、最大パフォーマンスで仕事をする。

こうすることで、ダラダラやるよりも、仕事のクオリティは上がり、仕事時間も短縮する。

結果として、「遊び」と「仕事」の両立が可能。

 

というもので、

優先順位を意識していなかったので、今後は遊びファーストで優先順位を意識して

遊びを増やそうと思いました。

 

優先順位って大切です。

優先順位をつけていないと、なぁなぁで時間が過ぎていきます。

 

何も考えていないとどうしてもダラダラと時間が過ぎていくんですよね。

何をして遊ぶのか、遊びたいのか書き出したりして、

それを先に予定に組み込むこと。

 

そのほうがやりたいことができますね。

 

やりたいことはあるんだけど、今じゃなくてもいいやと伸ばし伸ばしにしていました。

 

『人の3倍働き、2倍遊ぶ』

ぼくは、人の3倍も働きたくないなw

その代わり、2倍でも3倍でも遊びたいです!\(^o^)/

 

 

これは、時間を3倍とか2倍にするわけではなく、

時間は同じでも、2倍楽しむとか、満足度が2倍、ストレス発散効果が2倍ということのようです。

 

仕事に置き換えると、

時間は同じだけど、仕事効率を良くして、3倍の結果を出せるということ。

 

例えば、1時間で1人治療していたとすると、

3倍だと、1時間で3人治療することになります。

 

これが苦なく、時間に追われず、焦らずでき、喜んでもらえるならサイコーです!!

 

同じ時間で、3倍の収入が入るなら、頑張れるかな!?

3倍忙しくなるとか、精神的に肉体的に辛くなるのは嫌だな。

 

そうならない方法を考えたいですね。

 

それが実現すると仕事も楽しくなるかもしれません。

 

この本からは、面白い観点をいただけます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。