肩こりや、腰の痛み、頭痛などの体の不調は、、、、

こんばんは、Shotaです!

 

ぼくの個人的なイメージで、お話します。

 

血液には、酸素や栄養素が含まれていて、

全身を巡ります。

 

肩こりや、腰の痛み、頭痛などの体の不調は、

筋肉が固くなり、

筋肉が、伸びたり縮んだりするポンプ機能が低下するため

血液の流れが悪くなることで起こります。

 

血液の流れが悪くなると、

酸素も栄養素も運びが悪くなります。

 

太い動脈が詰まったりすると大変なことなので、

今の話は、身体の隅々まである毛細血管の話です。

 

人間も酸素がないと

酸欠になって苦しくなってしまいますよね!!

 

首や肩、腰も同じで、凝り固まると

酸欠になり、その部位に痛みや凝りがでてきます。

 

さらに流れが悪いと、老廃物も溜まるため、

汚れた血液になります。

 

イメージとして、凝ったところの血液は、淀んだ池のようなイメージです。

 

健康な状態は、

流れのいいキレイな川です。

 

 

もちろん、栄養も届かないと修復も遅くなります。

 

というわけで、運動することも大切だし、

 

マッサージをすることも大切です。

 

運動は、筋肉を動かすことで、血液を全身に巡らせることができるし、

 

マッサージは、押したり離したりすることで、

筋肉を伸ばしたり戻したりと、

ある意味ポンプ作用のようなことをしています。

 

マッサージは、受動的な血流促進で、疲労回復のイメージ。

体のメンテナンスの役割です。

 

運動は積極的な血流促進で、筋肉を活性化するイメージです。

疲れにくい体を作る。

 

そして、

汗として、身体の老廃物をだすことで、

だるさなどがスッキリして、

気分も良くなります。

 

以上、身体の凝りや痛み、血流の話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。