『博士をとるのは、人間の足についた米粒を取るようなものだ』

こんばんは、Shotaです!

 

大学を出て、

修士を出れば修士

さらに、

博士課程を修了すれぼ博士となります。

 

ビートたけし(北野たけし)のお兄さん、

北野大(まさる)さんは、

工学博士です。

昔、テレビ番組の

マジカル頭脳パワーで見たことがあります。

 

その北野大さんが、

博士について名言を残しています。

 

 

『博士をとるのは、人間の足についた米粒を取るようなものだ』

という、言葉です。

 

この言葉の意味は、

 

人間の足についた米粒をとるのは難しいけど取ることはできる。

でも、足についた米は食べられない。

ということで、

 

博士の称号は、とることは難しいけれども

博士の称号で、食べていくことはできないという例えです。

 

 

さすが、ビートたけしさんのお兄さん!

面白い例えをしてくれます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。