大腸内視鏡検査をしてきました。結果は、、、

おはようございます!

 

今日は大腸内視鏡検査の日です。

 

朝9時から、

下剤を飲み始めます。

男梅を薄くしたような味で、

美味しいとは言えない味でした😅💦

 

味わうこなく ゴクゴク飲めば大丈夫だったので、なんとか飲めました。

10分〜15分かけてコップ一杯飲みます。

 

トイレに行きたくなったら行って、

便を出しての繰り返しです。

 

お尻を拭くので

最後の方はお尻が痛くなります😭

 

約1時間かけて5-6杯の下剤を飲んで

5杯目あたりから

便の色が透明になってきます。

 

そこからさらに水を500ml

30分かけて飲んで、

 

便が透明になり

カスも何も出なくなったら終わりなのですが、

 

ぼくは

残渣と言って、便のカスみたいなのが

ポツン

ポツン

とありww

 

なかなかオッケーが出ません😱💦

 

下剤をさらに3杯飲んで

一杯半のお茶を飲んで

やっとオッケー👌👌

 

 

12:20頃から、

着替えて、腸の動きを抑える注射💉をお尻にされ

 

いよいよ内視鏡検査です。

 

先生も30歳後半から40代くらいの若めのお医者さんで

説明もわかりやすく

内視鏡操作も上手でした。

 

腸の曲がり角を通るときには痛みがありますし

奥に進んでいくなんとも言えない変な感じがあります。

 

 

お腹が痛くなるときって、

腸の角で便が詰まるから痛いんじゃないのかなと思うくらい

 

内視鏡が腸の角を通るときは

お腹が痛くなるときと同じような、痛みでした。

 

はじめは左下の横向きで

肛門から内視鏡を入れて、

 

腸の角を曲がるくらいのときに

仰向きになり

看護師さんがお腹を押さえてくれます。

 

これは、腸を押さえて内視鏡がスムーズに入るようにしているようです。

 

腸ってウロチョロ動くので

それを抑えてくれたのだと思います。

 

 

ぼくとしては、お腹を押さえてもらうと安心して検査を受けられました。

 

検査結果

今回は、検便で

便潜血が陽性になり、

 

精密検査で大腸内視鏡をしました。

 

 

ポリープもなく

キレイだったんですが!!!

 

直腸のところに

潰瘍性大腸炎の所見が見られました😳😳😳😳

 

今は、寛解期で炎症も落ち着いていますが

出血しやすくなってきていて

そこが今回の便潜血で引っかかったところだろうと言うことでした。

 

まさか!!😳💦

という感じで驚きでした。

 

ガンじゃなくて良かったですが、

潰瘍性大腸炎は、難病指定されています。

 

最近は、潰瘍性大腸炎の患者さんも増えてきていて

原因もストレスだとわかってきてるようなので

ぼくの

周りにもちらほらいます。

 

 

今のところ

下痢や腹痛などのひどい症状はないのでいいんですが

増悪期といってひどくなることもあるようなので

気をつけたいと思います。

去年末から年始にかけて

吐き下したときがあり、ただの胃腸風邪だと思っていましたが、

このときが、増悪期だったのかもしれません。

 

 

症状がひどくなったときのために、

難病申請しておきましょうということで

難病申請もすることになりました。

 

お役所に申請するので

申請が通るまで1〜2ヶ月かかるようですが

申請が通れば、潰瘍性大腸炎の治療費が

2割で受けられるようです。

 

 

ただ、最近は

潰瘍性大腸炎の患者が増えているため

症状が軽い場合は

申請が通りにくくなっているようです。

 

通してもらいたい。

先生と役所の人お願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。