不安そうな顔や 疲れた顔をしていたり、 イライラした顔や うんざりした顔になっていませんか??

こんばんは、Shotaです。

 

ウキウキワクワクルンルンと
楽しそうに過ごせてますか?

 

ブログの終わりに貼り付けたコラムを読むと

 

なるべく自然があるところで運動して

なるべく笑顔で過ごすように

気を付けようと思いました。

 

 

日本は、コロナのニュースで暗くなっているし、不安になっていると思います。

コンビニがコロナの影響で閉まっていたり、

郵便局が閉まっていたり、

特急列車が

車掌さんや整備の人がコロナで休まないといけなくなり運休するなど

 

 

とても窮屈な状況です。

まったく開放的じゃない。

 

確かに暗い表情になりますよね。

 

 

こんなときは、自然に触れてのんびり過ごすのが1番!!

でも、外は暑いのでどうしても家で過ごしがちになりますよね??

 

海でも行こっかなぁ~~

マスクなしサイコー!

 

■■コラム 東京は
暗い表情の人だらけなので注意

私は今東京に来ているのですが
東京に来るといつも思うのは
「暗い表情の人だらけ」
ということであります。

男の人は、不安そうな顔や
疲れた顔をしている人だらけ
女の人は、イライラした顔や
うんざりした顔の人だらけであります。

ウキウキワクワクルンルンと
楽しそうな表情をしている人を
ほとんど見かけません。

私が最近引っ越した
イタリアのコモの街は
昼から酒を飲んで
笑顔で暮らしている人が多いので
今回は特に差を感じます。

こうなっている理由として考えれるのは
日本社会は理不尽に満ちているからと
東京は自然がないからだと思われます。

男性の場合、仕事のプレッシャーと
奥さんからのプレッシャーで
不安になったり疲れたり
しているわけです。

女性の場合
日本はプリンセス思考の人が多いため
稼いでこない旦那や
チヤホヤしてくれない周りの人に
イライラやうんざりしているわけです。

また、人は開放的な場所で
遠くを眺めると気が晴れるのですが
そういう場所が少ないからです。

そんなわけで
東京の街には不安やイライラが
満ち溢れているのですが
無意識のうちに影響されますので
東京に滞在する場合には
気を付けることをお勧めします。

私も東京にいると
ウキウキワクワク感がほぼゼロになり
気力体力に溢れて
やる気に満ちた感じも減るのですが
なるべく自然があるところで運動して
なるべく笑顔で過ごすように
気を付けています。

また、日本国内でも
地方都市や田舎に行ったりすると
東京にくらべて朗らかな人が増えますので
東京滞在はほどほどにして
地方に行くようにしています。

東京は買い物をしたり
レストランに行くには便利なのですが
気分が良くなるかというと
そうでもなかったりしますので
住む場所や滞在場所には
気を付けたほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。