部屋の片付けをした効用。『水は答えを知っている②』

こんばんは、Shotaです!

 

ずっとやりたくなくて

ほったらかしにしていた部屋の片付け😅

 

お盆で、人も来る

という条件が重なり

片付けることができました😁👍

 

その際、

積ん読状態になっていた

『水は答えを知っている②』

という本を開いて読んだのですが、

 

そこに、面白いことが書いてありました。

 

ご飯を三つのビンに詰め、

一つには、「ありがとう」という声をかけ、

一つには、「ばかやろう」、

もう一つには声もかけず全く無視をしました。

すると、「ありがとう」のご飯は発酵して良い香りを放ち、

「ばかやろう」は腐敗して黒くなりました。

 

いちばん腐敗がひどかったのは

無視をしたご飯で、鼻をつくような悪臭がたちこめました。

 

このご飯の実験の話は聞いたことがあって、

知っていましたが、

 

この話には、後日談があったそうです!

これが面白かった😁

紹介します。

この結果が出たあと、

三つのビンを小学校のクラスに持っていったところ(この実験をしてくれたのが、小学校の教諭の方でした)、

しばらくしたら、三つとも「ありがとう」と声をかけたものと同じ、

甘酸っぱい発酵臭に変わっていたということです。

 

これは、一度腐敗したご飯でも、

ふたたび注目を浴びたり、声をかけたりすることで、

蘇生するということです。

 

一度腐敗した物が蘇生するというのは不思議すぎます。

 

実際に、自分でも実験してやってみたいと思いました。

 

ホントなのか、自分でやって

ホントだったら、確信が持てます!

 

 

水の結晶が言葉掛けで変わるなら、

身体は60-70%水でできていると言われているので

 

良い言葉掛けをすることで、

体内の水の結晶もキレイな結晶になるようです。

 

そして、無視は1番いけないんですね。

 

少し読みだしたら面白くなって、

続きを読み進めています😊

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。